FXでのテクニカル分析は様々ありますが、

RSIを活用する方は多いですよね。

 

使い方によって精度が変わってしまうので、

扱い方を知っておきたいですよね!

 

そこで今回は、テクニカル分析で使うRSIの、

FXトレードでの使い方や見方を紹介します。

Sponsored Link

 

FXトレーダーがテクニカル分析で使うRSIとは?

FXトレーダーの中で、テクニカル分析において、

RSIを使用する方は多いと思います。

 

それでは早速、テクニカル分析で使うRSIを、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

テクニカル分析のRSIとは

参照元URL fx-game.com

FXトレーダーがテクニカル分析で使うRSIとは、

Relative strength index』の略のことです。

 

日本語で言うと、『相対力指数』と言う言葉になります。

 

RSIは任意の一定期間において、

上げ幅と下げ幅からの売られ過ぎや、

買われ過ぎを判断するのに使うテクニカル分析です。

 

1978年の『New Concepts in Technical Trading Systems』で、

J.W.ワイルダーによって発表された、

逆張りトレードの代表的なテクニカル分析の1つです。

 

RSIの数値は0~100%の幅で示され、

一般的には30%より下は売られ過ぎと分析し、

70%より上の数値は買われ過ぎを示唆します。

 

また、RSIの売られ過ぎや買われ過ぎのラインを、

20%や80%で分析するFXトレーダーもいます。

 

そして、RSIのテクニカル分析は、

特にレンジ相場においてはその力を発揮してくれます。

 

相場が反発する目安として分析できるので、

FXトレーダーにとっては重宝するテクニカルで、

世界中のトレーダーに好まれています。

 

 

 

テクニカル分析のRSIの計算式

J.W.ワイルダーのRSIの計算式

RSI=値上がり幅の指数移動平均(α)÷(値上がり幅の指数移動平均(α)+値下がり幅の指数移動平均(α))×100

 

J.W.ワイルダーはα=1/14を使うことを推奨し、

14日の修正移動平均MMA(Modified Moving Average)を、

意味しています。

 

 

カトラーのRSIの算出方法

RSI=n日間の値上がり幅合計÷(n日間の値上がり幅合計+n日間の値下がり幅合計)×100

 

J.W.ワイルダーのRSIで使われている指数移動平均を、

単純移動平均へと置き換えたRSIになります。

 

n値として、9日や14日を使うのが一般的になっており、

1994年にトゥーシャー・シャンデが発表した、

CMO(Chande Momentum Oscillator)もカトラーのRSIと同じです。

CMO=2RSI-100

 

Sponsored Link

 

テクニカル分析RSIの一般的な設定日数期間

参照元URL fx-works.jp

RSIの開発者のJ.W.ワイルダーとカトラーは、

テクニカル分析において、

14日に設定するのが最適の期間だと推奨しています。

 

だいたいのFX会社のRSIのデフォルトは、

初期設定で14日となっていることが多いです。

 

RSIで推奨されている14日以外には、

9日の数値も一般的に多く使われています。

 

しかし、設定数値を短くするとRSIの動きが機敏になり、

ダマシに合う可能性が高くなります。

 

それとは逆にRSIの期間を長くすると、

動きが鈍くなります。

 

その分ダマシも減ることになりますが、

肝心なシグナルも減ってしまいます。

 

要するに、推奨されている14日の数値が、

やはり使いやすい数値になります。

 

 

 

テクニカル分析のRSIの見方

テクニカル分析のRSIは、

売られすぎや、買われすぎを分析します。

 

FXトレードの初心者でも使えるので、

見方もとてもシンプルで分かりやすいです。

 

 

 

参照元URL fxtrade-lab.com

チャート画面の下に表示されているのが、

RSIの動きになります。

 

青くジグザグ移動しており、

上が70%のラインで、下が30%のラインになっています。

 

RSIの70%のラインを越えてくると買われすぎで、

RSIの30%を下回ってくると売られすぎという見方です。

 

 

そして、チャートの左側の白い丸で囲っている部分が、

買われすぎと言う見方になります。

 

次にRSIの30%ラインを割ってきているので、

売られすぎという見方です。

 

RSIの30%を割った後に、

相場が大きく上昇しているのが分かります。

 

その後また買われすぎということを、

RSIが示唆していますね。

 

RSIの見方はとてもシンプルで分かりやすく、

RSIのラインを見ただけで相場の傾きが分かります。

 

Sponsored Link

 

テクニカル分析のRSIの使い方

参照元URL atmatome.jp

テクニカル分析のRSIの使い方は、

エントリーや決済の目安にしていきます。

 

上記の画像のチャートでは、

赤丸が買いエントリーで、

青丸が売りエントリーになります。

 

買いエントリーの使い方は、赤丸の部分で、

RSIの30%ラインを割ってきたところで買いエントリー。

 

エントリーした後に、

RSIの50%ラインを越えてきたところで、

利食いの決済という使い方です。

 

逆に売りエントリーでは、

RSIの70%ラインを越えてきたところです。

 

売りエントリー後、同じように、

RSIの50%ラインを割ってきたところが、

利食いの決済という使い方になります。

 

至ってシンプルですよね。

 

トレンド相場では他のテクニカル指標も必要ですが、

このような相場では本当に力を発揮してくれます。

 

エントリーと決済の目安になる使い方なので、

迷わずポイントを見つけて見てください。

 

(関連記事)

FXでグランビルの法則とは?初心者が実践で使える手法を紹介!

FXのダウ理論とは?手法や使い方を紹介!

FX会社の選び方は?選ぶポイントを紹介!

FX会社はキャンペーンがたくさん!主要FX会社のキャンペーンを紹介!

海外FX会社でXMの特徴や評判を紹介!

FXでローソク足の見方は?ローソク足の種類も紹介!

FXの手法でピンバーを活用!ローソク足でエントリー!

FXのボリンジャーバンドとは?見方や使い方を紹介!

 

いかがでしたか?

 

テクニカル分析において、

このRSIが使われる理由がわかります。

 

プロトレーダーでも初心者でも使えるので、

是非、取り入れて見てくださいね。

 

今回は、テクニカル分析で使うRSIの、

FXトレードでの使い方や見方を紹介しました。

 

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link