自動売買ソフトを活用する上で、

パソコンの電源を付けっ放しにできない方も、

いるのではないでしょうか?

 

Macユーザーの方も必要になるので、

方法を知っておきましょう!

 

今回は、自動売買ソフトをVPSで使用する方法を、

紹介します。

Sponsored Link

 

自動売買ソフトをVPSで使用する方法!

自動売買ソフトを稼働する上で、

VPSサーバーが必要な場合があります。

 

それでは、自動売買ソフトをVPSで使用する方法を、

紹介していきます。

 

是非、参考にして見てくださいね。

 

 

自動売買ソフトを稼働させるVPSサーバーとは?

参照元URL businesswire.com

VPSとは、

デスクトップクラウドのことを言います。

 

デスクトップクラウドとは、

自宅のPCではなく、インターネット上にあるサーバーてに、

自宅のPCと同じようなwindowsの環境を用意します。

 

そのサーバー内で、自動売買ソフトを、

稼働させることができます。

 

難しく考える必要はありません。

 

いつも通りログインIDとパスワードをいれて、

ログインすることができます。

 

通常使用しているPC環境と同じで、

同じように操作かをすることができます。

 

特にMacユーザーの方は必須で、

パソコンの電源を付けっ放しにできない方も、

VPSサーバーを使用すれば問題ありません。

 

加えて、ツール自体は、MT4をとじてしまいますと、

正しく動作しないため、 常に MT4を起動させておく必要がございます。

 

Sponsored Link

 

VPSサーバーを契約

まず下記のバナーをクリックしてください。


 

こちらからお名前デスクトップクラウドの、

FX用をご契約ください。

お申込み』をクリックします。

 

プラン選択が可能で、

2Gプランのもので十分まかなえます。

 

契約完了後にメールが届きます。

 

お名前.comデスクトップクラウドお申込み確認、

というようなタイトルでメールが届きます。

 

そこにあらかじめ設定しておいた、

IDとパスワードが届いています。

 

http://www.onamae-desktop.com/navi/

そして、こちらのリンクからログインします。

 

 

お名前.com から送られてくる、

win~~~~というIDと設定した、

パスワードを入力してログインしてください。

 

 

次に、下記の画面になります。

リモートデスクトップ』を押してください。

 

Sponsored Link

 

こちらの画面になりますので、

Webブラウザーで開く』をクリックすると、

クラウド上でパソコンが起動します。

 

これで完了です。

 

VPSサーバーを契約しておけば、

Macユーザーの方も自動売買ソフトが使用できます。

 

その際に『Microsoft  Remote  Desktop』という、

アプリケーションをインストールしておいてください。

 

そちらからwindowsを開くことができます。

 

(関連記事)

XMのFX口座開設の方法!手順や流れを紹介!

FX自動売買EA導入マニュアル!MT4の手順を紹介!

 

いかがでしたか?

 

パソコンの電源を付けっ放しにできない、

Macを使っている、という方には、

必須のサービスになります。

 

こちらを契約しておけば、

問題なく自動売買ソフトが稼働しますので、

是非、契約してみてください。

 

今回は、自動売買ソフトをVPSで使用する方法を、

紹介しました。

Sponsored Link