FXのトレードで使うツールで、

移動平均線を使うトレーダーは多いです。

 

様々なツールがある中でも、

移動平均線は利益を出していくのに有効です。

 

そこで今回は、FXで移動平均線を活用した手法や、

使い方を紹介します。

Sponsored Link

 

FXで移動平均線の手法や使い方

FXでトレードを行っていくには、

何らかのツールを使うと思います。

 

トレードスタイルによっても変わりますが、

移動平均線を使う方は多いのではないでしょうか?

 

それでは、FXで移動平均線の手法や、

使い方を紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

FXの移動平均線とは?

参照元URL finalrich.com

移動平均線とは、

過去の一定期間の終値の平均値を計算し、

それをつないだ線のことをいいます。

 

一定期間の平均値を出すことによって、

現在のレートの方向を知ろうということです。

 

移動平均線が上向きなら上昇トレンドとなり、

下向きなら下降トレンドという見方をしていきます。

 

チャート上に移動平均線を追加することによって、

ローソク足だけで見た時よりも、

相場の流れが分かりやすくなります。

 

 

 

FXで使う移動平均線の種類

参照元URL fx-hyouga.com

移動平均線の種類は3つあります。

 

それぞれ違った計算方法をすることで算出した、

異なる平均線です。

 

単純移動平均 (Simple Moving Average)

こちらの移動平均線が、

一番分かりやすいでしょうか。

 

ある一定の期間の終値を平均した、

移動平均線のSMAです。

 

 

加重移動平均 (Weighted Moving Average)

こちらの移動平均線は、

加重移動平均のWMAです。

 

仮に5日の加重移動平均線だとすると、

5日目の価格を5倍にし、4日目の価格を4倍、

3日目の価格を3倍、2日目の価格を2倍にして計算しています。

 

単純移動平均よりも、

現在のレートを重要視した平均線になります。

 

 

指数平滑移動平均 (Exponential Moving Average)

こちらの移動平均線は、

指数平滑移動平均のEMAです。

 

移動平均線の中でも、

割とメジャーに使われているテクニカルです。

 

この移動平均線は、

直近の価格を2倍にして計算した線です。

 

5日の指数平滑移動平均線だと、

5日目の価格を2倍にして合計し、

5で割った線になります。

 

加重移動平均線と比べると、

さらに直近のレートを重要視した線になります。

 

Sponsored Link

 

FXで移動平均線の使い方

参照元URL toushi-gp.net

移動平均線は短期線、中期線、長期線などと言われますが、

その期間に決まりはありません。

 

短期線は、ロウソク足の動き一番近い線を描き、

期間が長い長期線は、長期的な平均値の線になるので、

ロウソク足よりもなだらかな曲線を描きます。

 

それぞれメリット、デメリットがありますが、

短期線は、トレンドの転換に反応を示しますが、

ダマシにあってしまう恐れがあります。

 

ダマシとは、トレンドではないのにトレンドのような、

間違ったシグナルを出してしまうことです。

 

それとは逆に長期線は、ダマシにはあいにくいですが、

平均線がなだらかになるため、

トレンドの転換を見極めるには使えません。

 

要するに、短期か長期の1つの移動平均線だけを使うのではなく、

複数の移動平均線を使うことがおすすめです。

 

そうすることで、ダマシにやられるにくく、

トレンドの転換も見極めることができやすいです。

 

 

 

移動平均線を使ったFXの手法

参照元URL jp.tek.com

FXトレードのテクニカルでよくあるのが、

デッドクロス、ゴールデンクロスです。

 

チャート上で移動平均線の短期線が、

長期線を上から下に抜けた状態をデッドクロスと言います。

 

逆に短期線が、長期線を下から上に抜けた状態を、

ゴールデンクロスと言います。

 

2本の移動平均線がチャート上でクロスする時こそ、

トレンドの転換、発生という解釈をします。

 

 

トレードでエントリーを仕掛けていく際に、

一つの目安となりますよね。

 

あくまでも目安ですので、

トレードをしていく上でFXに絶対はありません。

 

常に念頭に置いておくのは、

損小利大の精神が大事ですね。

 

移動平均線のようなテクニカルを使って、

勝率をあげることに繋がるのは間違いないと思います。

 

正確な使い方で正確な判断をし、

売買ポイントの参考にして見てください。

 

(関連記事)

海外FX会社でXMの特徴や評判を紹介!

FXのトレードでラインを活用!トレンドラインの手法を紹介!

FXのデイトレードとは?デイトレードの手法を紹介!

FXのスキャルピングとは?トレード手法も紹介!

FX会社の選び方は?選ぶポイントを紹介!

FX会社はキャンペーンがたくさん!主要FX会社のキャンペーンを紹介!

FXのボリンジャーバンドとは?見方や使い方を紹介!

FXでグランビルの法則とは?初心者が実践で使える手法を紹介!

 

いかがでしたか?

 

FXのテクニカルでは、初心者でもプロでも、

移動平均線を使っているトレーダーは多いようです。

 

自分のトレードスタイルの中で、

一つくわえて見てもいいのではないでしょうか。

 

今回は、FXで移動平均線を活用した手法や、

使い方を紹介しました。

 

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link