FXのマーケット市場は24時間開いており、

世界のどこからでもトレードができます。

 

その24時間の中にも、

それぞれの国の市場によって特徴があります。

 

そこで今回は、FXで世界の市場別の動向と、

市場の特徴を紹介します。

Sponsored Link

 

FXで世界の市場別の動向!

FXの市場は24時間、世界で繋がり、

一連の流れがあります。

 

それでは、FXで世界の市場別の動向を、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

FXの外国為替市場

参照元URL toushilabo.com

FXの外国為替市場には、ニュージランドから始まり、

主要の東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場があります。

 

24時間、マーケットは繋がっており、

市場がそれぞれ別れている訳ではありません。

 

どこの市場であっても、

世界の誰でも取引を行うことができます。

 

日本人でも深夜の時間帯に、

ニューヨーク市場でのトレードが行えます。

 

取引をする時間が世界の市場のどこに当てはまるのか、

理解しておく必要があります。

 

 

参照元URL aflo.com

また、欧米ではサマータイム制度が導入されています。

 

サマータイム制度導入時は時間が1時間早くなりますので、

時間が切り替わる時には注意が必要です。

 

なぜなら、欧米との時差が1時間変わることにより、

レートも1時間変わるからです。

 

さらに、米国と欧州では、

サマータイム導入のタイミングが異なります。

 

米国では3月第2日曜日にサマータイムに切り替わり、

11月第1日曜日までの期間になります。

 

欧州では一部を除いて、3月最終日曜日にサマータイムに入り、

10月の最終日曜日までの期間になります。

 

つまり、3月の後半は米国だけがサマータイムになり、

欧州は冬時間になるギャップが生まれます。

 

いつからサマータイムにするかは各国の政策ですので、

サマータイムに入る時期が年によって変わることもあります。

 

Sponsored Link

 

FXの市場別の特徴

参照元URL www.lfx.jp

FXの東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場で、

それぞれの市場には値動きに特徴があります。

 

東京市場よりロンドン市場や、

ニューヨーク市場の方がボラティリティーが大きくなります。

 

東京市場の値動きが小さいのは実需の参加者が多く、

売り買いが交錯しやすい特徴があります。

 

実需とは自動車メーカー、石油元売り、商社など、

本業において為替取引が必要な企業です。

 

海外での売り上げを自国通貨に換えたり、

海外から買った物を外貨で支払ったりする企業です。

 

これらの企業は輸入したものを決済したり、

受け取った外貨を円に変えるために為替取引を行います。

 

また、あらかじめ決まった日にドルを売り買いすることで、

特徴的な値動きのパターンが発生し、

そこにトレードを仕掛けるチャンスが見えてきます。

 

こういった実需筋とは違い、

為替の値動きから利益を獲得する人もいます。

 

それが、投機筋と呼ばれるトレーダーです。

 

東京市場に比べて、ロンドン市場、ニューヨーク市場にも特徴があり、

投機筋の割合が多く、トレードの強者が市場に参加していきます。

 

この投機筋により、ロンドン市場、ニューヨーク市場では、

ボラリティーが大きくなるということです。

 

東京市場のようにレンジ相場になりにくく、

上昇トレンド時は押し目買いを意識し、

下降トレンド時は戻り売りを意識します。

 

例えば、東京時間でレートが上がっていても、

実需の売りが入って押し戻されるという特徴があります。

 

下落した場合には、

それとは逆に実需の買いが下値を支えるという特徴です。

 

しかし、ロンドン市場、ニューヨーク市場では投機筋の割合が多いため、

直前の高値と安値や主要なサポート・レジスタンスをブレイクした時は、

そのまま流れに乗って行く場合があります。

 

また、指標発表で予想と大きくズレた場合に、

押しや戻りの動きを見せずに一気に相場が動くこともあります。

 

トレードをする際には、

常に市場の時間軸と特徴を把握しておくことが重要です。

 

例えば、冬時間の場合において、

16時頃から欧州の投機筋が参入してくると、

これまでの相場環境がガラッと変わったりもします。

 

16時以降に大きく価格が動いたり、

相場の方向性の見極めが必要です。

 

(関連記事)

FXでグランビルの法則とは?初心者が実践で使える手法を紹介!

FXのダウ理論とは?手法や使い方を紹介!

FX会社の選び方は?選ぶポイントを紹介!

FX会社はキャンペーンがたくさん!主要FX会社のキャンペーンを紹介!

海外FX会社でXMの特徴や評判を紹介!

FXでローソク足の見方は?ローソク足の種類も紹介!

FXのボリンジャーバンドとは?見方や使い方を紹介!

FX会社を比較!スプレッド編を紹介!

 

いかがでしたか?

 

兼業トレーダーの方であれば、

日本時間の夜にトレードを行う方が多いと思います。

 

市場では欧州時間からになるので、

うまく特徴を掴みながらチャンスに変えてくださいね。

 

今回は、FXで世界の市場別の動向と、

市場の特徴を紹介しました。

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link