FXでトレードしている方なら、

1度はスリッページが発生したことはあるのではないでしょうか?

 

そこにはマーケット相場の状況や、

タイミングによって発生する場合があります。

 

そこで今回は、FXのスリッページが発生する仕組みを、

紹介します。

Sponsored Link

 

FXのスリッページが発生する仕組み

スリッページが発生してしまうと、

不利なレートでの約定となってしまいます。

 

それでは、FXのスリッページが発生する仕組みを、

紹介していきます。

 

 

FXのスリッページとは?

参照元URL lovemo.jp

FXのトレードをしている方で、

パネル注文で成行注文やストリーミング注文があります。

 

リアルタイムの取引画面の為替レートを見ながら、

自分のエントリーしたいタイミングで注文を出す時に、

注文を出したレートで約定していない時があります。

 

画面の注文ボタンをクリックしてから、

約定するまでの一瞬の短い時間の間に、

レートが動いてしまうことは多々あります。

 

注文したレートと約定したレートが異なる時を、

スリッページ』と言います。

 

スリッページは、スリップ=すべる

というところからの言葉の由来です。

 

要するに、注文したタイミングでレートがすべって、

思っていたレートで約定しないということです。

 

 

 

FXでスリッページが発生する仕組み

参照元URL siamtv.org

FXのトレードでスリッページが発生する原因は、

トレーダーが出した注文が、FX会社に伝わりますが、

その一瞬のわずかな時間でレートが変わってしまうからです。

 

たとえば、パネルで成行注文をした際に、

ドル円が110.000円の時に買い注文を出したのに、

実際に約定したのが110.005円だったり、

109.995円だったりすることがあります。

 

どこのFX会社も最先端のシステムを導入し、

最速の回線を使用していますが、

それでもこのようなことは起こってしまいます。

 

FXのマーケットの為替相場は、

コンマ何秒の世界でレートが動いています。

 

数秒間レートが止まったままで動かない時もあれば、

わずか1秒間の間に急な変動が起こることもあります。

 

FX会社によって若干速度は変わり、

注文を受注して約定するまでのスピードが遅い会社ほど、

スリッページが起こりやすく、その幅は大きくなります。

 

約定力や約定率が高いと評価されているFX会社は、

受けた注文から、実際に約定する能力やスピードが早いということです。

 

Sponsored Link

 

スリッページの範囲の設定

参照元URL 2525fx.com

こちらの注文画面は、

FX会社のDMM.comの注文画面です。

 

注文画面の右上にある設定ボタンをクリックし、

設定画面を開きます。

 

スリッページの制限の有無と、

スリッページの数値を設定することができますよ。

 

許容スリッページの数値を2pipsにしておけば、

上下2pipsまでのスリッページまでは約定しますが、

それ以上レートがすべった場合は約定できなくする設定です。

 

FX初心者の方は、値をいくつに設定するか迷ってしまうかもしれませんが、

0~5pipsほどの間で、自分が許容できる範囲で決めましょう。

 

重要な指標発表がある場合には、

発表と同時に10pips以上動くこともあります。

 

スリッページを設定していないと、

注文したレートと大きく離れてしまったレートで、

注文が約定してしまいますので注意が必要です。

 

たとえば、スリッページを2pipsで設定した場合、

ドル円が110.000円の時に買い注文を出したとします。

 

前後2pipsまでのスリッページは許容するということなので、

109.980~110.020円の間だと約定してくれます。

 

また、自分に有利な方向へすべった場合は、

設定したスリッページの数値外でも約定しますので、

109.980円以下でのレートでも約定します。

 

110.021円以上レートがすべった場合は、

自分に不利な方向にレートがすべっているので、

約定しないということになります。

 

思いもよらぬレートで約定しないようにするために、

スリッページを設定しておくことをおすすめします。

 

 

いかがでしたか?

 

FXトレードをしている中でスリッページが発生する場面が多々あるので、

自分に不利な注文とならないように設定しておく必要があります。

 

大きくすべってしまって損をしないように、

自分の任意の範囲でスリッページを設定してみくださいね。

 

今回は、FXのスリッページが発生する仕組みを、

紹介しました。

 

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link