FXではデイトレードという言葉をよく聞きますよね。

 

これは手法の一つで、

その名の通り1日でエントリーから決済まで完結します。

 

その手法とはどのようなものなのでしょうか。

 

そこで今回は、FXのデイトレードの解説と、

デイトレードの手法を紹介します。

Sponsored Link

 

FXのデイトレードとは?

FXの手法の一つであるデイトレード。

 

その取り組みやすさから、

デイトレードでトレードしている方は多くいます。

 

それでは、FXのデイトレードの解説を紹介します。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

FXのデイトレードの基本

参照元URL www.optionfinance.fr

FXのデイトレードとは、1日の中での値動きを利用して、

エントリーから決済までを完結する手法です。

 

FXのスキャルピング手法との違いは、

スキャルピングは1回に数pipsの利益を獲得するのに対して、

デイトレードは1回に数十pipsを狙っていきます。

 

また、スキャルピンングは、1日に数十回エントリーしますが、

デイトレードの場合は、1日に数回ほどです。

 

基本的には日をまたいで持ち越すことはなく、

その日のうちにポジションを全て決済してしまいます。

 

FXのデイトレーダーと聞くと、

パソコンの前に張り付いて、常にチャートを見ながら、

トレードをしている人をイメージするかもしれません。

 

自分の時間があるときだけトレードをするような方もいます。

 

サラリーマンで夜間のみデイトレードをしたり、

時間がある時にデイトレをして、

チャートを見れない時は決済して離れるのもいいでしょう。

 

 

 

FXのデイトレードに向いている時間帯

参照元URL www.lfx.jp

FXのデイトレードでは、効率よく行っていくために、

時間を絞ってトレードをするのもいいでしょう。

 

人によってはFXのできる時間も異なると思いますが、

上記画像の時間帯を狙ってデイトレードをするのがいいです。

 

まず、日本の東京市場の時間帯で動きがあり、

次にヨーロッパ勢が参入してくる16時あたりです。

 

こういった時間帯では市場に動きがあるので、

デイトレードで利益を狙いやすくなっています。

 

また、日本人のFXトレーダーは、

夜に時間がある人の方が多いのではないでしょうか。

 

日本時間の夜というと、

ニューヨーク市場で世界のマーケットが盛り上がってくる時間帯です。

 

この時間帯では特に大きく動くので、

仕事をしている日本のデイトレーダーにとっては、

チャンスの時間帯と言えるでしょう。

 

しかし、どの時間帯にポジションを持つかによって、

トレードの戦略は変わってきます。

 

東京時間での戦略とロンドン時間の戦略は変わりますし、

ニューヨーク時間でも変わってきます。

 

デイトレードといえども、1日を通して同じ戦略では通じない以上、

相場の時間帯の状況にあわせて、

トレードを行っていくことがFXでは重要です。

 

 

 

FXのデイトレードで使う時間足

参照元URL toushi-fan.com

FXのデイトレードで使う時間足の基本は、

長い時間足で相場の流れを理解し、

短い時間足でエントリーを仕掛けていきます。

 

相場の流れを把握するには、

1時間足や4時間足を見ていきます。

 

長い時間足で流れを確認したら、

5分足や15分足でエントリーをしていきます。

 

大事なことは長い足で流れを把握するということです。

 

上昇なのか、下降なのかを理解しておかないと、

エントリーした瞬間に逆方向に行ってしまう可能性があります。

 

短い時間足だけ見ていると、

トレンドに逆らったエントリーをしてしまうので注意です。

 

Sponsored Link

 

FXのデイトレードの手法!

FXのデイトレードの仕組みが理解できたところで、

実際のトレード手法を見ていきましょう。

 

デイトレードといっても様々な手法があるので、

基本的な部分を抜粋していきます。

 

続いては、FXのデイトレードの手法を紹介します。

 

 

FXのデイトレードの手法1 (ボリンジャーバンドを使う)

参照元URL fxdaytrade.lbcso.com

こちらのデイトレードの手法は、

ボリンジャーバンドを使った手法です。

 

長い時間足で流れを確認した後、

買いか売りのエントリーを決めます。

 

上記画像は上昇の流れで、

ボリンジャーバンドの真ん中より下にヒゲが出た時に、

買いのエントリーを仕掛けます。

 

その後、トレンドの転換がしてきた時には、

ボリンジャーバンドの±2σでヒゲが出たところで、

逆に売りのエントリーを仕掛けていきます。

 

トレンドの流れさえ間違っていなければ、

これだけでも勝率はぐっと上がるはずですよ。

 

 

 

FXのデイトレードの手法2 (レジスタンス、サポートラインを使う)

参照元URL fxism.jp

こちらのFXのデイトレードの手法は、

レジスタンスラインとサポートラインを使った、

デイトレーダーに人気のある手法です。

 

同じく長い時間足で流れを把握した後に、

買いか売りのエントリー方針を決めます。

 

上記の画像では下降の相場になっているので、

売りからのエントリーになります。

 

2本の分かりやすいレジスタンスラインと、

1本の分かりやすいサポートラインを引けます。

 

これらのラインまでしっかり引きつけて、

うまくエントリーしていくことが利益を伸ばすことにつながります。

 

FXでは抵抗があるところにラインを引くと分かりやすく、

エントリーや決済の目印になりますよね。

 

ここでは売りからのエントリーなので、

上に抵抗があるラインのところでエントリーを仕掛けます。

 

その後、下のラインで決済をするか、

さらにその下のラインまで引っ張ることもできます。

 

チャート画面で一度ラインを引いて、

どこに抵抗があるのか一目で見て分かります。

 

この手法に慣れてくれば、

勝率も上がってくるはずです。

 

実際にライントレードという手法は人気で、

様々な情報商材が売られていますよ。

 

(関連記事)

FXのスキャルピングとは?トレード手法も紹介!

海外FX会社でXMの特徴や評判を紹介!

FXでは移動平均線が有効?手法や使い方を紹介!

FXのスキャルピングで利確や損切りの幅は?目安を紹介!

FXのスイングトレードとは?メンタルの持ち方を紹介!

FXのポジショントレードとは?ポジショントレードの手法を紹介!

FXの手法でピンバーを活用!ローソク足でエントリー!

FXの順張り手法とは?初心者が知っておきたいたった2つの方法!

 

いかがでしたか?

 

FXのデイトレードは簡単そうに聞こえても、

奥が深いトレード手法になります。

 

自分にあったデイトレードの手法を見つけて、

利益を伸ばしていってくださいね。

 

今回は、FXのデイトレードの解説と、

デイトレードの手法を紹介しました。

 

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link