FXのテクニカルでRSIを使っているトレーダーは、

多いと思います。

 

売られすぎ買われすぎサインを見れるので、

特にレンジ相場では有効に働いてくれます。

 

そこで今回は、FXトレードで、

RSIをレンジ相場で使う手法を紹介します。

Sponsored Link

 

FXトレードでRSIをレンジ相場で使う手法

FXのテクニカルでRSIは、

レンジ相場で機能してくれます。

 

それでは、FXトレードでRSIをレンジ相場で使う手法を、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

RSIの判断基準

参照元URL finalrich.com

FXのRSIでは基本的に、70%ラインを越えると買われすぎ、

30%ラインを下回ると売られすぎという判断をします。

 

FXトレーダーの中には、

80%や20%のラインを使うトレーダーもいます。

 

これはレンジ相場であれば、

上限と下限の幅が決まっているので、

買われすぎ、売られすぎの判断材料が有効です。

 

レンジの幅の上限で、

且つ、RSIの数値が70%ラインを越えていれば、

逆張りでのエントリーが有効です。

 

その逆も同じです。

 

Sponsored Link

 

FXトレードでRSIを使う手法を紹介!

RSIを利用したトレード手法がありますので、

実際にFXトレード画像を見て行きましょう。

 

レンジ相場でのRSIは、

RSIが70%を越えたらショートエントリーです。

 

RSIが30%を割ってくると、

先ほどとは逆にロングエントリーをします。

 

単純で分かりやすいトレードですね!

 

このRSIを使ったテクニカルだけでもFXで十分に利益が獲れ、

レンジ相場が長く続けば続くほど、

利益を積み重ねることができます。

 

そして、エントリーした後に、

RSIの動きをみながら、逆の水準まで来ると、

そのポイントがトレード決済の目安にもなります。

 

レンジ相場ではこれを繰り返しておくだけで、

どちらのエントリーでも利益を確定していくことができます。

 

また、オシレータ系の指標では、

強いトレンド相場の場合にはうまく機能しません。

 

トレンドが発生している時には注意が必要で、

他のテクニカルと合わせて活用してください。

 

(関連記事)

テクニカル分析でRSIを活用!FXトレードでの使い方や見方を紹介!

FXでグランビルの法則とは?初心者が実践で使える手法を紹介!

FXのダウ理論とは?手法や使い方を紹介!

FX会社の選び方は?選ぶポイントを紹介!

FX会社はキャンペーンがたくさん!主要FX会社のキャンペーンを紹介!

海外FX会社でXMの特徴や評判を紹介!

FXでローソク足の見方は?ローソク足の種類も紹介!

FXの手法でピンバーを活用!ローソク足でエントリー!

FXのボリンジャーバンドとは?見方や使い方を紹介!

 

いかがでしたか?

 

レンジ相場には、

RSIはうまく機能してくれますよね。

 

レンジ相場を見つけたら、

是非、試してみてくださいね。

 

今回は、FXトレードで、

RSIをレンジ相場で使う手法を紹介しました。

 

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link