FXの市場は24時間開いているので、

トレーダーによって取引する時間は異なります。

 

24時間の間の値動きには、

その日や時間帯によって流れがあります。

 

そこで今回は、FX市場の値動きの流れと、

日本の時間軸を把握してトレードをする方法を紹介します。

Sponsored Link

 

FX市場の値動きの流れは?

FXでトレードを行っていく上で、

値動きの流れを読むことは重要です。

 

時間帯によって特徴がありますよ!

 

それでは早速、FX市場の値動きの流れを、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

FX市場で1日の値動きの流れ

参照元URL fx.minkabu.jp

FXの市場で1日のスタートは、

オセアニア市場から始まります。

 

その後、日本、欧州、アメリカ市場へと、

移り変わっていきます。

 

FXで勝ち続けるのであれば、

この市場のトレーダーと戦うと言うことです。

 

FX市場はゼロサムであり、

誰かが勝てば、誰かが負けていると言う仕組みです。

 

画面の向こう側のトレーダーの心理を解き、

どのようなポジションを取って行くのか。

 

負けないトレードをしていくには、

相手の気持ちも考えて、

自分のポジションを取ることを考えなければいけません。

 

何も考えずにトレードしていては、

強者トレーダーの餌食となってしまいます。

 

投機筋のトレーダーは、短期トレーダーが多く、

次の日までポジションを持ち越さない傾向があります。

 

更に言うと、市場によって傾向が異なるので、

次の市場までポジションを持ち越さないこともあります。

 

ここから考えられる事は、FX市場がオープンし、

その時間帯の市場がクローズするまでに、

全てのポジションを決済してしまうということです。

 

市場が変われば、トレーダーの質も変わり、

トレンドの値動きも変わる可能性があります。

 

そのため、各市場の時間帯から考えると、

順張り』と『逆張り』は、

時間帯によって使い分ければ有効です。

 

 

 

FX市場の日本時間の特徴は?

東京時間と言いますが、

日本時間でいうと午前8時~午後5時までのことです。

 

日本市場においては8時〜17時の時間帯が、

経済活動が活発な時間になります。

 

世界で三大為替市場のひとつである東京市場が開く8時から、

次のロンドン市場が開く17時までの時間ということです。

 

東京市場が開くまでに、

オセアニア市場が午前5時から開いていますが、

市場参加者は少ないです。

 

トレードの取引量も少なくなるので、

本格的に動き出すのは東京市場からになります。

 

1日で最初の大きな市場である、

東京市場に注目が集まります。

 

Sponsored Link

 

日本市場の指標発表

参照元URL uk.pinterest.com

為替相場において、

日本で一番影響力のある経済指標は日銀短観です。

 

しかし、それよりもアメリカの中古住宅販売や、

雇用統計のほうが相場には影響があります。

 

アメリカで重要な指標でなくても、

日本の一番の指標よりも影響力が大きいです。

 

それはアメリカの指標によって世界経済に影響し、

ユーロや豪ドルなどの各通貨の相場が動きます。

 

豪ドル円のトレードをするにしても、

アメリカ市場の指標のチェックは欠かせません。

 

それに対して日本の指標は為替相場への影響は少なく、

あまり気にする必要はありません。

 

日本は景気が悪く超低金利状態です。

 

経済指標によって為替が大きく動くのは、

指標結果によって金利が動いたりするからです。

 

日本は経済指標がよくても金利が上がる可能性はとても少なく、

相場に影響を与えにくいと考えられます。

 

政権交代しても為替にはほとんど影響がなかったので、

日本はいまのところ何があっても市場への影響は低く

金利に影響は与えないのでFX相場の影響もないと捉えられています。

 

 

 

日本市場で午前時間の中値に注目

参照元URL berry-counseling.com

日本の東京市場において、

銀行がその日の公示レートの仲値を決定する時間があります。

 

まず一つ目の注目ポイントが午前9時55分頃のレートで、

この時間のレートが仲値と呼ばれるものになるからです。

 

およそ9時50分頃から動きだし、

輸出企業の決済が多いとドル売りに動き易く

輸入企業の決済が多いとドル買いに動き易い傾向があります。

 

公示決定後も10時過ぎ頃までは、

調整ポジションの売り買いのトレードが出易く、

やや相場が動いています。

 

日本市場の仲値というのは、

一般顧客に対して銀行や金融機関が、

為替売買をする際の基準になります。

 

ドル円に関していえば、

この時間はドル高円安になりやすい傾向にあります。

 

そして、前場の時間に当たるので、

日経株価にも注目しながらトレードすると、

流れを読みやすくなります。

 

また、この時間帯はオセアニアの経済指標もあるので、

その日トレードは注意が必要です。

 

 

 

日本市場の5、10日(ご、とうび)や連休前

参照元URL fx-works.jp

特に5日、10日のようなキリのいい日と、

連休前にはドルが買われる傾向があります。

 

このような日は、日本では企業の決済日に当たり、

ドルの需要が増えます。

 

ドルが大量に必要になり、

ドルの需要が増えることにつながります。

 

また、連休前は海外へ旅行する人が増えるので、

ドルの需要が高まります。

 

つまり、このような背景には、

ドル高になりやすい為替相場になります。

 

Sponsored Link

 

日本市場で東京のオプションカット時間

参照元URL pakutaso.com

東京のオプションカットの時間は、

15時になります。

 

株で言う所の前場の時間は、

11時30分で締め切られ、後場が12時30分です。

 

後場での値動きはさほど見られず、

レンジ相場での動きが多い傾向があります。

 

レンジ相場のポイントとしては、

逆張りが有効的なトレード手法になります。

 

そのほかでは、上海市場が動いているので、

ややその影響は受けつつも読みやすい動きになります。

 

そして、15時のオプションカットの時間で、

大きく値動きが起こる可能性があります。

 

そして、オプションカットの時間をポイントに、

トレンドが発生することも多いです。

 

そして、その流れで16時頃から、

欧州勢が参入し、17時には本格的に、

欧州市場へと転換していきます。

 

 

 

ロンドンフィキシング時間

参照元URL travel.rakuten.co.jp

日本市場の16時には、

ロンドン午前8時で市場がスタートしていきます。

 

東京の仲値に相当するロンドンフィックスが、

午前0時(冬時間の場合は午前1時)に当たる為、

月末になるとユーロやポンドの値動きが激しくなります。

 

一般にロンドン市場は、貴金属などの取引において、

世界でも重要な位置を占める市場になります。

 

この時間で決定される金価格は、

世界的な金の価格指標となります。

 

金は主にドル建てで取引されているので、

ロンドン・フィキシングによって、

ドルの為替相場にも影響を与えます。

 

この時間帯に為替相場が大きく動くことがあり、

日本の公示決定の中値ように、

ロンドンで基本価格を決める時間のことです。

 

日本の投信がこのフィキシング・レートを使うことがあるため、

値動きが起こりやすい時間にもなります。

 

このような特徴や傾向も踏まえておくと、

トレードのエントリーポイントが明確になりやすいですね。

 

 

 

日本時間でのアメリカ市場

参照元URL fx-koryaku.com

21時を過ぎる頃から世界最大のアメリカ市場の参加者が参入し、

いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。

 

米国の経済指標が発表されるため、

為替相場が荒い値動きになることが多いです。

 

トレンドが継続していく傾向があるので、

逆張りでのトレードは危険です。

 

出来るだけ順張りでのトレードを心がけ、

逆張りでのエントリーでは早い回転をすることが必要です。

 

また、指標発表でのトレードは避け、

前もってニュースなどの予測もありますが、

あてにしてはいけません。

 

1日の終盤では、午前2時を過ぎると、

欧州の株式市場が終了となります。

 

やや値動きが落ち着きますが、

アメリカで夜中に要人発言があったり、

米国の金融政策が発表される日もあります。

 

そのあたりで注意しながらFXトレードを行い、

5時頃にはアメリカの市場もクローズへと向かいます。

 

日本時間の朝方には、

FXトレードの取引量も少なく、

トレンドが発生することはほとんどありません。

 

小さい値幅でのレンジ相場になるので、

トレードをしやすいこの時間帯だけを狙った、

個人のトレーダーもいるほどです。

 

ただ、早朝の時間帯の平日なので、

日本人にとってはなかなか難しいかもしれませんね。

 

(関連記事)

FXのファンダメンタルズ分析とは?為替に影響があるので注意!

FXでDMMがおすすめの会社!口座開設数が最多でサービスも充実!

FXを攻略するには管理が重要!資金管理やメンタル管理を紹介!

FXで世界の市場別の動向!特徴は市場で異なる!

FXは日経の株価に連動?相場での影響を紹介!

FXでリスクオンとリスクオフとは?相場状況の傾向を把握!

 

いかがでしたか?

 

日本時間の1日の中で、

為替相場に影響を与える時間帯がいくつもあります。

 

その特徴や傾向を抑えておくことで、

トレードを有利な方向へ導くことができるのではないでしょうか。

 

1日の市場の時間軸を意識しながら、

是非、トレードをしてみてくださいね。

 

今回は、FX市場の値動きの流れと、

時間軸を把握してトレードをする方法を紹介しました。

 

 

管理者がトレードで使用しているFX会社

海外FX会社  XM


口座開設はこちらをクリック↑↑

ウサイン・ボルト選手を広告塔にしています。

 

レバレッジ888倍を誇り、

少ない資金で大きな通貨のトレードができます。

 

キャンペーンやボーナス、賞金など豊富に取り揃え、

世界でも圧倒的人気のFX会社です。

 

 

 

国内FX会社  DMM.com



口座開設はこちらをクリック↑↑

DMM.com証券は、国内口座数第1位で、

全てにおいて優良な機能を兼ね備えています。

 

業界最狭水準スプレッドで、

管理者も国内のFX会社ではメインでトレードしています。

 

今ならキャッシュバックキャンペーンもあります。

Sponsored Link